2005年03月21日

子供のスポーツ2

昨日、虐めについて書かれているブログを読ませていただいたのですが、少年野球のチームを思い出していて、虐めについての解決のヒントになるような事を思い出しました。

集団の虐めではないのですが、5年生に一人いじめっ子がいたと思って下さい。その子は同級生や年下の子が新品のグローブなどを買ってもらって練習に持ってきていると、目ざとく見つけては取り上げるようにそれを自分が使うわけです。返して欲しいと訴えると暴力に訴えます。ここで6年生がそのいじめっ子を叱りつけるのです。「何してるんや、返したれ!」と言った具合にです。すると渋々ですが、言うことを聞いて返すのです。

しかし、なかなか執念深いもので、しばらくすると先輩の目に付かないところで、同じ事を繰り返すわけです。このいじめっ子はさっき叱られたことに対する憤懣を先輩ではなく虐めていた相手にぶつけるわけです。叱った相手を逆恨みするのではなく、怒りのベクトルは屈折して弱者に向くのです。
しかしやっぱりまた先輩に見つかります。今度は先輩も自分が叱っても効果がないと見るとコーチ(父兄)や監督に訴えるわけです。するとコーチや監督から雷が落ちます。「コラ!○○(名前)何やっとんじゃ!グランド10周ランニングして来い!」いじめっ子はふてくされて、だらだらとグランドを走ります。

私もこれでいじめの問題が解決したわけではないことくらい解っています。しかし横並びの個人主義だけでは様々な物事に於いて秩序が保ちづらい事は事実です。子供に縦社会を経験させるのに団体競技は絶好の機会だと、今から思い返しても感じています。あいさつの習慣についてもそうです。

しかも、このいじめっ子が6年生になったときには自分の後輩が虐められていたら、一番先に叱りに行く存在になっていたのですから。これもこの子自身の資質もあるのでしょうが、監督やコーチがその子を排除しようとするのではなく、愛情を持って叱っていたからこそ良かったのではないでしょうか。

子供のスポーツに関しては、もう少し書きたいエピソードがあるのでまた明日も続けたいと思っています。

つづく


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 09:24| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

子供のスポーツ1

うちの三人の子供達は小学校の時からそれぞれ地域のスポーツチームに入っていました。
長女と次女は少女バレーのチーム、長男は少年野球のチームです。

少女バレーの練習は火曜日の夜と土曜日の2時からそれぞれ2時間でした。練習場所は小学校の体育館で、家が小学校の裏だったと言うこともあり、私はほぼ全て練習を見に行っていました。その他に土日祝には試合の日もあります。当然試合も全て見に行きました。お姉ちゃん二人が試合に出たりできるようになったころ、小学2年の長男は私についてバレーの練習や試合を見に行く内に、自分もバレーに入りたいと言い出したのですが、少女バレーの名前の通り参加しているのはほとんどが女の子だったのです。別に男子が入ってはいけないと言う決まりがあるわけでもないし、本人がやりたいと言うのなら、やらせてみる気でいたのですが・・・。

体育館の前のグランドでは少年野球のチームが練習していたのです。ある日たまたまバレーの練習の途中で家内と少年野球の練習を見ていた長男に、その監督さんが「野球やらへんか?(※やらへんかは、やってみないかの関西弁)」と声をかけてきたらしいのです。幼稚園の頃から私とキャッチボールをしていた長男はバレーか野球か悩みだしたようです。

その日、バレーの練習から帰って夕食の時に家内が長男の迷いを話題にしました。するとお姉ちゃん二人は「野球の方がいいやん」と、男子のほとんどいないバレーよりも野球を勧めます。私と家内は長男の意志に任せると言う意味のことを言ったように思います。小学2年の長男は自分にとって興味深い二つのスポーツの選択を自分でするチャンスを得たのです。

しばらくして長男は家内と監督さんにあいさつに行きました。注文したチームの頭文字Tの入った野球帽や先輩のおさがりのユニフォームももらって帰ってきました。私は早速、親ばかを発揮して長男を連れて柔らかくて軽いグローブを探し回りました。

少年野球の練習は土日祝のそれこそ朝から日が暮れるまでと言った感じです。土曜日などはバレーと野球の練習が重なり、私は体育館とグランドを往復するために上履きを履いたり脱いだり・・・。
ただ野球は一日中練習しているのに対して、バレーは2〜4時ですから体育館に居た時間の方が長かったように思います。

団体競技の中で子供達を見ていると、家庭では気付かないことが色々見えてきます。
また監督さんの指導を見ていて参考になることも多く(矛盾を感じることもありますが)、私はこの時期子供達の練習や試合を見たり、練習を手伝ったりすることがとっても楽しかったのを良く覚えています。

つづく


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 09:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

三連休

この三連休は天気も良くて暖かいらしいし、気分転換にちょっと自然に触れに行こうかと思っています。自然に触れにと言っても、家の近くに山があるから春の息吹でも感じて元気をもらおうかと思って・・・。歩いたことのない自然な道をあてもなくブラブラ歩くのはなかなか良いものですよ!普段なら目にとまらない些細な物や、匂い全てが新鮮で心地よく感じます。

このブログを始めて、子供のこと、生きること、幸せになることを真剣に見つめている方々がたくさんいらっしゃるのを実感しました。それだけでも、私にとって大きな収穫だけど、これからの自分の人生を充実感のある幸せなものにするためにも、まずはこのブログを通じて世の中のために、何かしたいと思っています。

その何かがまだわからないのですが・・・。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 10:59| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

離婚してから・・・

一人で暮らすようになって、生活のリズムや自分の行動もかなり変わったと今日改めて思いまし。まず食事は一日に一食、料理は得意だが今までは洗い物や洗濯、掃除などもほとんどやったことがなかった。それがどうなるのかと他人事のように自分で俯瞰していたら、以外と掃除、洗濯、ゴミ出しなども以外にこまめにやっています。今月の失敗は毎月第一火曜にしかないビンのゴミを出し忘れて、ベランダにはビンがかなりたまっています。紹興酒が好きなのでほとんどがそのビンです。

気分的には、落ち込んでいるわけでもないのだが、敢えて言えば第一の人生が終わって第二の人生をどんな風に生きるか、そんなことを悶々と考えている。子供達は近くに住んでいるのだが訪ねてくることもなく、二十年近く育ててきてもこんなものかと実感しています。


人気blogランキング

続きを読む
posted by ソウリュウ at 16:24| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

小説にしようかな?

今日はとっても暖かくて良い天気でした。もう、春もすぐそこまで来ているみたいですね。
このブログを立ち上げて、最近自分なりに迷いが出てきました。
と言うのは、このブログに書いていることは本当の自分の思いに違いはないんですけど、
自分の弱い部分や迷い、不安、寂しさなどを率直に書きづらいのも事実です。

だから、自分がノンフィクションストーリー(完全じゃなくても)の一人称になって
そこでもっともっと本音を吐露していこうかと考え始めました。

まずパソコン上でストーリーを作り上げながら、連載形式でこのブログに
書き込んでいこうと思います。

少し時間がかかるかも知れませんが、ぜひ読んでもらえれば嬉しいです。
小説を連載するまでの間も、更新はしていきますのでよろしく!

小説と言えば私はかなり幅広く色んな作家のものを読んできました。
司馬遼太郎、白石一郎、吉川英治、吉村昭、宮本輝、花村満月などなど。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 17:35| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

子育てブログを色々読んで

今日は多くの方の子育てに関するブログを読んでいました。
悪戦苦闘しながらも子育てに励んでおられる方の記事を読むと微笑ましく思いました。私が思うに、夫婦生活(セックスを指すものではありません)と子育ては大まかに言って4期に分かれるのではないかと思っています。子供が乳幼児の頃の「手探り期」、子供が幼稚園や小学校に行き始める「対話期」、中学以上になってくると「親離れ、子離れ期」、そして自立して働き始める「独立期」。
これは子供の成長を言っているだけではなくて、それぞれの時期に親も変わって行かなければいけないし、夫婦間でも子育てに限らず自分たちのための意志の疎通が必要だということです。

私はその意志の疎通が出来なくて離婚しているから偉そうには言えないのですが・・・。
でも、具体的に書いてはいませんが反面教師の提言だと思って聞いて欲しいと思います。

本当はその後に夫婦(両親)は夫婦なりの人生を生き、子供は子供なりの人生を生きていくのでしょうが、私の場合はその「独立期」に離婚があり、今は一人暮らしでこの先の人生を模索しているところです。でも、一つハッキリ言えるのは、子育ては人生で一番楽しくてやり甲斐のある仕事なはずです。

ぜひ、時間を精一杯使って子育てを楽しんで下さい。
もっと具体的に様々な話しを掲載していきたいのですが、ページの性質上あまり重たい文章は今のところ控えたいと思います。

とにかく、子育ては子供と一緒に楽しむ事!


人気blogランキング

posted by ソウリュウ at 15:49| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の疾患

うちの子供三人も全員入院経験があります。長女は三歳の頃、骨髄炎と診断されて点滴の抗生剤治療で三ヶ月入院しました。足が痛いと訴えだして、一応何件かの総合病院で診察を受けたのですが原因が分からず、大学病院に行ってやっと病名が判明しました。検査の後、先生に病状説明を受けるときは悪いことばかりを考えてしまい、かなり緊張したのを良く覚えています。次女は先天的に上唇と上顎の間に膜状の物があったため、四歳の頃に切除手術で入院、またヘルニア(脱腸)でも入院手術、ともに麻酔から覚めて親の顔を見て泣き出したときは、私も涙が出そうになりました。そして長男は肺炎で入院。子供が入院中は、私も子供が好きな物を買って、せっせと病院に通いました。パジャマを着てベッドに座っている子供を見ると胸が熱くなりましたね。

ところで、最近ではアトピーや花粉症に苦しんでおられる方がかなり多いようですが、これをみなさんはどのようにお考えでしょうか?花粉症については、数十年前に日本で杉を大量に植林した時期があり、それが今育って花粉の飛散が大量になっているのが原因だという話しを聞いたことがあります。しかし、アトピーはどうでしょう?少なくとも私が子供の頃には、見たことも聞いたこともない疾患です。つまり我々の世代が育つ環境にはなくて、その後著しく増加した因子があるのでしょうね。それは食べ物なのか、空気中の物質なのか、水なのでしょうか?
私には詳しいことは解りませんが、これからの地球に生きる全ての生物のためにも、これ以上環境を破壊しないことを真剣に考えないと大変なことになることは火を見るより明らかでしょう。
個人で出来ることは小さな一歩ですが、ゴミを減らすとか、ポイ捨てをしないとか何か一つ今日から意識して始めてみませんか。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 10:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

写真は出来るだけ多く残す

最近ではデジカメの普及でカメラ事情も変わってきたが、みなさんは子供の写真をどれくらい写しどのように保存されているでしょうか?私の場合はまだデジカメが普及してなかった時代だったと言うこともあり、普通の一眼レフで撮影していました。とにかくどこかへ出かけるにも、誕生日、運動会やスポーツの試合と何にでもカメラを手にしてとにかく写してきました。お陰で、三人の子供にそれぞれ5冊ずつ程の分厚いアルバムが出来上がりました。私の撮った写真をそれぞれの子供用にアルバムに仕分けしてくれたのは、妻でしたが・・・。

どちらにせよ、ビデオでは手軽に成長記録を見て振り返ることは少し面倒ですが、写真であればとても手軽に見ることが出来るという利点があるので、声や動きがあるのもいいですが、ぜひ子供の写真は出来るだけ多く残して欲しいと思います。二度と戻らない一瞬を静止画に留めておくことが素晴らしいことだと気付く時が来るはずです。カメラは普通のコンパクトカメラでも、デジカメでもいいから撮り貯めて整理しておくことをお薦めします。子供が小さいときにはよく分からなくても、大きくなってくると、その価値を実感されることでしょう。


人気blogランキング続きを読む
posted by ソウリュウ at 15:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

大雪の休日

今日は寒いし雪もかなり降っていたので、自分のブログの参考になればと

色々な方が書かれている記事を読みながら過ごしていました。

それにしても、バツイチとか離婚とか子育てについて書かれているブログは、

どうして女性のものばかりなのでしょうね?

離婚した男が子供のことを考えていないのか、

考えているけど多くを語らないだけなのか・・・。

確かにまだ離婚して間もない私でも、

一人になると男の方が弱いなぁって実感を既に持っています。

でも、子供は母親だけで作ったんじゃないし、離婚して子供と離れてしまった父親にも、

思うことはあると思います。今日はかなり時間をかけて検索してみたけど、

そんなブログやホームページを見つけることが出来なかったのが残念でした。

離婚した父親が子供のことをネット上で語るのは、

小学校の時に男子が家庭科クラブに入部するより稀少みたいですね。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 20:29| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

ティータイム

私には何人か中国人の友達がいるのですが、彼らの影響で家では烏龍茶を飲むのが一つの楽しみになっています。実際に中国の家庭では烏龍茶より緑茶の方がよく飲まれているどうなのですが・・・。
私がいつもその友達から分けてもらうのは凍頂烏龍茶という品種なのですが、これがとっても香りが良くて美味しいのです。私の場合は、入れ立てのお茶をホットで飲みますが、上品に一杯というよりがぶ飲みに近い印象です。

入れ方も日本の急須に茶葉と金木犀の花を干したものを入れて熱湯を注ぐというもので、情緒もなにもあったものじゃないのですが、これを三回ほど出します。この金木犀の香りが茶葉の香りと入り交じって何とも言えずリラックスした気分にさせてくれます。ホットで飲みきれない分は容器に入れて冷やしておき夜に焼酎をそれで割って飲んでいます。

私にとっては烏龍茶にも意外な効能があって、これを飲み始めてから私の体重は7キロも減った(69キロ→62キロ)のです。

ちなみに金木犀の花は日本で売っていない(私も桂林出身の友達に分けてもらっています)ので普通はなかなか手に入らないと思います。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 15:16| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。