2005年04月05日

子供の目と親の目

親は大抵、子供に対してそれぞれに呼び方を持っていますね。○○ちゃんであったり、○○くんであったり、特に子供が幼い頃はそうだと思います。それも一人に対して何パターンかの呼び方があると思います。私はよくこれを冗談で呼びかけの三段活用と言っていました。もし子供の名前がヒロキだったとしましょう。お母さんが出かけるためにヒロキくんに呼びかけても遊びに夢中の彼はなかなか返事をしません。すると最初は「ヒロく〜ん」と優しく呼びかけていたお母さんの口調が段々厳しくなり「ヒロキ〜!」、そして最後には「ヒロ〜〜!」と言う具合に変化をしていきますね。

私の場合もそうでしたし、子供達が大きくなってからでも意識の中ではその頃の子供に対するイメージが抜けないものです。つまり、子供が成長して自我が育っていっても親は子供が幼かった頃の、イメージがなかなかぬぐい去れないものなのです。ここで言う幼い頃には個人差もあるでしょうし、一概に言えないのは当然のことですが…。

私流に表現させてもらえれば、教えられるものの量が当然幼い子供と親であれば親の方が多いのですが、この量がある時期を境に反転するような気がするのです。これは親が子供はいつまでも子供だという先入観が原因だと思います。親が小友に教えられるものというのは、子供が幼いときから親の感受性次第で多くあるのですが、ここで私が言っているのは子供から親を一人の人間としてみたときの評価と言うか、そのようなものです。
子供、子供と思っていたら、いつの間にか子供は親の長所や短所を感情とは別の部分で驚くほど客観的にみているものですよ。

まだ幼い子供をお持ちのみなさんは、子供の目をどのようにお考えでしょうか?子供の自我を感じ始めたら、親も子供を見る目をステップアップしていく必要があると思いますよ!


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 21:47| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

愛する、そして愛されると言う言葉

私は子供の成長を生き甲斐にして生きてきて、子供に愛され家内にも愛されていると思って今まで生きてきました。そして、それは多分紛れもない事実だったと思います。

しかし、今は一人、そんな孤独に苛まれています。悲しいんでもない、寂しいと言えばそれに似ている、でもそれとも違って誰からも愛されていないと言う孤独感。実際はそうではないかも知れません。でもこれは自己嫌悪にも似た感覚なのかも知れません。もうこんなにネガティブな独り言は止めて、自分を変えていかないといけませんね!

近頃はよく日本人も愛するとか、愛されるとか言う言葉を口にするようになりました。幸福になるには、愛する、そして愛されるというエッセンスが不可欠ですね!そして、みんな等しく幸福になるために生まれてきたはずです。不幸になるために生まれてきた命なんてあるはずはないのです。結果論でそんな不幸な道をたどった命があったとしても、やはり不幸になるために生まれてきたわけではないはずです。これは人間の命に限ったことではありません。

今私が言えることは、傍にいて自分のことを愛してくれる誰かに、感謝の気持ちを持って欲しいと言うことです。そして照れずに言えるなら、愛してると言葉で伝えて下さい。

あなたの愛は、どんな愛ですか?
もし良かったら教えて下さい。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 21:09| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

次女の結婚

明日は次女の結婚式です。私は結局行かない事にしましたが、もしかしたらずっと後悔するかも知れませんね。でも、事の成り行き上(以前に書いた事情)、こうなってしまったから色々考えるのは止めにします。ただ、娘がこれからの人生を幸せに過ごしてくれるのを陰ながら祈るだけです。

今朝、他の方のブログで嫌いな人とどう付き合うか?と言う記事にコメントを入れたのですが、私は次女の結婚相手を見たこともないのですから、好きか嫌いか以前の問題なわけです。

よく、出会い系サイトで知り合って結婚したとかいう話しも聞きますが、それはきっかけが出会い系サイトだったけども、その後直接逢って好きになったり恋愛感情を抱いたわけですよね!(出会い系サイトを推奨しているわけではないので、誤解のないように)どんなにインターネットやメールが普及しても、直接会わなければ伝わらないものが絶対にあります。

ただ、私たち夫婦がこんな時期に離婚していなければもっと違った形になっていたことは間違いなく、それに関しては次女に申し訳なく思っています。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 13:10| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

四月ですね。

もう桜の便りも聞こえ始めて、春もすぐそこまで来ていますね。なかなか子育てについてや、離婚について、そして私自身が今感じていることを何度も書こうとしたのですが、数行打ったらもうその先が続かなくなって、つい更新できずにいました。

考えることや、心の中には顔も知らない方にでも聞いて欲しいような思いはたくさんあるのですが、文章にするための整理がつかない状態みたいです。こう言うと、なんだかすごく落ち込んでいる男を想像されるかも知れないのですが、そう言うわけでもありません。敢えて言葉にすると、家庭がなくなって今の自分が何者なのか分からないような感じです。
せめて暖かくなれば気分も変わるかと思って、とりあえず足掻くのはやめました。

最近ニートの増加や、学力の低下など、将来のこの国が不安になるようなニュースが多い中で、ブログを始めてから何ごとにも問題意識を持って意見を交換し会っている人たちを知りました。悩みやトラウマを持ちながら一生懸命生きている方や、幸せな家庭を持って子育てに生き甲斐を感じておられる方。生きる環境や生い立ちは違っても、みんな素敵な方たちばかりだと感じています。(相手は私を知らないですが・・・)

今の私にできることは、とにかく幸せな家庭を持ち、子育てされている方を心から応援することです。自分が全うできなかったそんな環境を羨んだり妬んだりするようになったら、私にとってこの先の幸せな将来もなくなると思うからです。そのような感情は憎しみや恨み以上に、人間の一番醜いものだと思っています。

頭の中が整理できてきたら、このブログを読んで下さる方々にとってもう少し役に立つ自分なりの経験を書いていきます。それまでは、独り言のように日記を書いていこうと思います。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 18:07| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

回想

二日ほど何となく更新をせずに色々物思いに耽っていました。
このブログで考えていたことを告白して気を楽にしたいと思います。

うちの夫婦が何となくしっくりいかなくなったのは、もう五年も前のことだと思います。しかし、そんな状態のまま、惰性とでも言うのでしょうか、正式に離婚するまでにはこれだけの時間を費やしてしまいました。決定的な離婚の原因といっても、これというものは見あたらないのです。男には理解出来ていなかった不満が家内にはあったのかも知れません。

昨年末から具体的に離婚という言葉が夫婦の会話の中に出てくるようになりました。そしてこの正月、うちの両親が来たときにこのような状況が知れてしまいました。両親にはこの五年間も円満な夫婦を演じてきたのです。うちの両親は家内のことをとても気に入っていて、結婚して二十年余り嫁と姑というようなもめ事も全くありませんでした。こんなことを思い返していると、やっぱり自分に落ち度があったのだろうという自己嫌悪に似た思いに駆られます。

昨年末には、もう一つ驚かされることが起こっていました。次女が私にニコニコしながら「お父さん、ビッグニュースがあるねん!赤ちゃんができた!」「・・・・」

私は次女に年上の彼氏が居ることは知っていましたし、そのことに反対する気など毛頭なかったのです。好きな人が居るのなら結婚すると言うのもかまわないだろうと思っていました。自分も若いときに結婚していますからね。しかしこの次女の告白に返答する言葉を私は持ち合わせていませんでした。ただ、「それで、どうするつもりや?」とだけ訊きました。すると「それまでに結婚して生むし、新しく借りる部屋ももう探している」という返事が返ってきました。

そして私は今年の2月16日に正式離婚。次女は今月の30日に引っ越すそうです。

私はその次女の結婚式に出ないつもりです。次女の事を思うと可哀想な気持ちもするのですが、その結婚相手という男性は、結婚の前に妊娠させておいて、私の前に一度も顔を出さないのです。確かもう27歳くらいだと聞いています。私にはそれが許せないし、こんなけじめさえつけられない男性がはたして娘を幸せに出来るのかという不安があります。

ただ、私はよく耳にする言葉ですが、二十数年間手塩にかけた娘をとられると言った気持ちはサラサラないのです。私は自分の子供の意志をしっかり尊重しているつもりです。相手の男性も、キチンとあいさつにでも来てくれていれば、こんな事にはならなかっただろうに・・・。かと言って私からあいさつに来なさいと言う筋合いの話しではないと思っていますから。でも結婚式にも出ないとか言っていると、きっとただの頑固オヤジと思われていることでしょうね。なんともやりきれない気持ちをぬぐい去れない毎日です。

これからの親子関係を思うと気が晴れない毎日が続いています。

思いのまま書きましたので、乱文をお許し下さい。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 10:45| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

弾き語り

今朝、ある曲の歌詞を確かめたくて押入にしまい込んだままだったレコードをゴソゴソ探し回っていました。目的のレコードは見つかったのですが、他のレコードを改めて見るのも十数年ぶりだったので、懐かしく一枚一枚見返していました。

残念ながらレコードプレーヤーがもうないので、それを聴くことはできなかったのですが、もしプレーヤーがあったら一日中お気に入りから順に聴いていたと思います。曲は歴史を思い出させると言いますが、レコードの時代と言えば家内との事しか思い出せませんでした。考えてみればうちの子供達が音楽を聴くようになった頃のは、もうCDの時代だったのですね。

それにしても、レコードのジャケットをひとつずつ見ていると、とっても懐かしい思いがしました。文明や技術の進歩は、情報も物も小さくしていくと言いますがその通りですよね。CDやMDに比べて無駄に大きいだけのようなレコードでも、ジャケットを見ての感慨はCDのそれではきっと味わえないような気がしました。

レコードが聴けなかったぶん、今日はレコードにあるフォークソングやニューミュージックといったジャンルの曲を自分でギターの弾き語りをして過ごしました。今日は、なんんとなく安らいだ気持ちになれる一日でした。明日は近所の温泉にでも行くかなぁ!


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 21:07| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

やさしい時間

紙.jpg

昨夜たまたまテレビを観ていると「やさしい時間(だったと思う)」というドラマの最終回が放映されていました。続けて観ていたわけでもないのですが、何となく最後まで観てしまいました。

実はそのドラマのあるシーンが、最近私が体験してショックを受けたものと似ていたからでした。長年父親に会っていない息子が、父親を訪ねるという設定だったと思います。父親と向かい合った息子は開口一番「ご無沙汰してます」と言うのです。

私が体験した場面は、先日自動車保険のことで次女が私の家を訪ねてきた時のことです。部屋に入りながら娘は「おじゃまします」と言ったのです。本人も無意識に口から出た言葉でしょうし、私もその瞬間は余り気に留めませんでした。

しかし、娘が帰ってから「おじゃまします」という言葉が私の耳から離れずにいました。私は一人腰掛けてボーっと物思いに耽るような状態だったと思います。

「おじゃまします?ここはお前が育った家だろう?お前が15年以上も暮らしてきた家だろ?」そんな思いがグルグルと頭の中を巡っていました。

昨夜のドラマの台詞で、忘れかけていたその時のことが急に思い出されてしまいました。

この記事の上部に貼り付けた画像は、次女が中学生の時にパソコンで描いた家族のイラストです。昨日パソコンの中に保存されたままになっているのを見つけたので、敢えて貼り付けてみました。思い出から逃げるなんて出来ない事を正面から受け止めないといけませんからね。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 14:29| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

子供のスポーツ4

このテーマはとりあえず今回で最後にしようと思っています。また何か思うことがあれば書いてみたいと思います。うちの三人の子供それぞれのスポーツ歴で締めくくります。

(長女)
小学校時代は少女バレーでレギュラーと補欠の間を行ったり来たり。控えに回った時はピンチサーバーとしてよく頑張っていました。身長が低かったため後衛でしたが性格が真面目で基本に忠実なたちなので、なかなかレシーブの姿勢などはGOODでした。
中学に上がると身長のハンデがないと思ったのか卓球部に入部、三年間続ける。高校では一転して剣道部に入部、これも三年間続け、専門学校時代は特に何もせず。就職してからも警察署などで剣道を続けたいと言っていたが、看護師の仕事は不規則でハードなため、できないようです。スポーツでの大きな怪我はなし。

(次女)
小学校時代は少女バレーでキャプテンでアタッカー、よく頑張ってチームをまとめていました。中学に上がってもバレーボールを三年間続ける。高校に上がってもバレーボールを続けるが一年生の時、膝関節に脂肪のかたまりができるホッファー氏病という聞き慣れない原因不明の疾患で、脂肪切除手術。これを機にバレーボールを止めたが、動物病院に就職後ママさんバレーのチームに入れてもらい時折身体を動かす程度?

(長男)
小学校時代は少年野球で6年生の前半までエースでキャプテンとして活躍。体格は長女に似て当時は小柄でした。しかし、腰痛を訴え診断の結果、腰椎分離症と診断され将来を考えて退部。中学から高校の6年間はバレーボール部で頑張る。特に高校三年ではキャプテンとして活躍しました。

特に三人の子供達の小学生時代のスポーツは私にも多くの勉強をさせてくれました。長男の高校最後のバレーの試合も実は見に行ったのですがね!

スポーツによる怪我に関してはある程度仕方のないことだと思いますが、特に小学校の間は無理な筋トレやあまりに長時間の練習は避けた方が良いのではないでしょうか?ちなみに長男のチームでは土日祝の練習は午前8時から日が暮れるまでといった感じでしたから、特に動きの多いポジションでは無理があったような気がします。

これから子供がスポーツを始められるような時期のお父さんやお母さんに一つ助言があります。子供に負荷がかかりすぎるような練習も、指導者の方々は熱心であるが故に行っている場合があります。そんな時は、指導者に抗議するのではなく自分の子供と相談してみて下さい。特に小学生でのスポーツはまだまだ将来のあることですから、親が慎重に子供を観察しておいてあげて下さい。人それぞれに体の中でも弱い場所は違いますからね!

でも神経質になりすぎず、出来ればぜひ子供にはスポーツを体験させてあげて下さい。スポーツは楽しいものなのですから!そして、自分の子の成長をしっかり写真などに記録してあげて下さい。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 17:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

最近涙もろく・・・

今日は少し疲れ気味なので、子供のスポーツはお休みにします。

ところで最近、離婚して一人暮らしが寂しいからなのか、ただ歳なのか解らないのですが、涙もろくなったと感じています。と言っても涙を流すのは映画やテレビを観てなんですが・・・。

今日は何を思ったか昔録画しておいた「魔女の宅急便」を観ていて涙が出てきました。ちょっとおかしいですよね。他には少し前に「Dr.コトー」の再放送を観ていて涙が止まらなかったし、ちょっと精神的に変なのかなぁ?

でも時には泣いたり涙を流すとストレス発散になるって聞いたこともあるから、気にすることでもないのでしょう。

今日は早めにゆっくりお風呂に入って、晩酌しながらリラックスします!


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 19:04| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

子供のスポーツ3

今日も引き続きスポーツの話を続けます。
今日は次女が5年生の時のことです。

娘は比較的小さい頃から身長も高く、5年生の少女バレーチームでもスパイクを打ったりできました。リーダーシップもある方で、監督からキャプテンに指名されて頑張っていました。

5年生も終盤になった頃、市内のチームが集まって行われる大きな大会があり、日頃の練習の成果を発揮して準優勝したのです。選手のみんなは表彰式で一人ずつ大会主催者から首にメダルをかけてもらい満面の笑顔でした。当然、我が家のその日の夕食もご馳走が並び、もっぱら次女の試合の話題で盛り上がりました。

その翌週の練習の後、娘は嬉しそうに大きなトロフィーを持って帰ってきました。私も練習は見に行っていたのですが、この日は少し早めに帰宅していました。そのトロフィーは先日の大会で準優勝をした事が刻印されたなかなか立派なものでした。

当然トロフィーは一つしかないのです。
私は、どうして娘がそのトロフィーをもらうことになったのかを訊いてみました。
娘が言うには、監督さんが「お前がキャプテンだからこれは持って帰りなさい」と言ったそうです。

私は少し考えました。

そして娘に「そのトロフィーは全員で頑張ってもらった物やろ、そしたら他のみんなも欲しかったと思わへんか?」と訊いてみました。「そう思う」娘は答えます。
「キャプテンやから持って帰りなさいと言う監督さんの意見はちょっと変やないか?」
「うん」
こんなやりとりをしていると、娘は自分が悪いことをしたような気になってきたようで、叱られているようにしょんぼりしてしまいました。私も可哀想になりましたが、君が何か悪いことをした訳じゃないと付け加えながら話を続けました。

「もしチームとしてそのトロフィーを飾る場所もなくて、どうしても誰かが持って帰らなあかんのやったら、次の練習日にもう一度そのトロフィーを持って行って、みんなでジャンケンして勝った人がこれをもらうことにしようと、君から提案したらどうや?それがチームみんなの気持ちを考えてまとめる、本当のキャプテン言うものと違うか?」

「うん、わかった、そうする」娘の顔からはさっきまでの暗い表情がなくなって、もう笑顔でした。

次の練習日、私は見に行きませんでした。一度もらった宝物を返してしまう娘の寂しさを思うといたたまれなかったのです。正直に言うと、私だってそのトロフィーはそのまま娘に持たせておいてやりたかったのです。情けない話しですね。

練習から帰ってきた娘にどんな顔をして、どんな言葉をかけようかと沈んだ気持ちになっていたのをよく覚えています。

「ただいま」娘が帰ってきました。その手にはトロフィーが・・・。
「みんなでジャンケンしたら、また私が勝ってん!」娘は笑顔でトロフィーを自慢げに突き出します。

「監督さんは何か言ってたか?」私はそう訊くのがやっとでした。

「君がジャンケンで決めたいのなら、そうしたらいいよって言いながら笑ってた」

この日、もし娘がジャンケンで負けてトロフィーをもらえなくなっても、笑顔で帰ってきたような気がします。

私は自分で提案したことなのに、取り越し苦労をして色々考えすぎでした。
大人も子供も同じで自分が納得してとった行動には、ためらいや後悔は余りないものだということを私も学びました。

今でもそのトロフィーは私の部屋にあります。



文章中、関西弁の口語体があり、読みにくかったことをお詫びします。

つづく。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 11:11| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。