2005年06月30日

お気に入りの番組

ほとんど毎週観たりするテレビ番組はないのですが、
最近一つだけ楽しみにしている番組があります。

私の住んでいる兵庫県ではテレビ大阪で月曜の7時から放映される、
「月10万円で暮らせる町と村」っていう番組です。


日本各地の、言ってみれば田舎へ移住して暮らしている家族を取材した
内容なのですが、いつも羨ましく思いながら観ています。
やはり田舎は人口密度が低い分、人と人の付き合いというか、
結びつきや心の交流は濃密に感じます。

海でも山でもいいから、私もあんな環境での暮らしをこれからの夢にして
生きていきたいと思っています。

その為にも、どんな場所ででもできる仕事が必要ですね!
ネット起業してセミリタイヤなんて言っている方もいるようですが、
確かに、ネットでの仕事なら電話回線さえあればできますから、
いいかも知れませんね!


特別豊かになりたいとは思いませんが、
自然を満喫しながら、暮らしていけるだけのお金を生み出す方法を
真剣に考えてみようかという気になっています。

以前読んだ本に、

金儲け=罪悪のような考えを持っているのは、
日本の妙な教育の所為だと書かれていました。


確かにそうかも知れませんね。

幸せや平和について語っているブログの運営者が
広告を貼り始めたら、批判のコメントが増えるなんていう
こともありがちじゃないでしょうか?


でも、そこに書かれているコンテンツが内容あるものであれば、
誰も批判する権利はないはずですよね!

逆に批判するくらいなら、もう読みに来なければいいと思います。


僕がこのブログでお金儲けをしようと思っている訳ではないですよ。
そんなに読者もいないですし(^_^;)


お金儲けとメッセージ性を混同するのは、よくないと思っています。


昔、反戦歌を歌っていたフォークシンガーが
メッセージに反して、金儲け主義に走っていると批判されたことがありましたが、
フォークシンガーも生きていかなければいけないし、
やりたいこともあったでしょう。


人間である限り、欲もあれば夢もあります。
霞を喰って生きていけるわけではないのですから。


posted by ソウリュウ at 12:31| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

ブータンという国

昨夜、テレビを観ているとブータンという国のことを放送していました。

インドと中国の中間辺りに位置するこの国に、とっても魅力を感じました。

自然豊かで、経済的に豊かではないけど、人々の心はとっても豊かに見えました。


この国では国王の指示でGNPよりもGHPという方針をとっているらしいのです。
GNPはご存知のように国民総生産で、
経済的な豊かさを示す一つの指標ですが、
GHPとは国民総幸福量の事だそうです。


引用
>>>>

ブータンに関するちょっと有名な話があります。
それは、「ブータンは国家の目標として
『GNH(Gross National Happiness〜国民総幸福)』を追求する」

と内外に宣言していることです。
「GNP(Gross National Product〜国民総生産)」ではなくて、「GNH」です。
要するに、国家の役割は経済一辺倒の発展を達成することではなくて、
国民の幸福を最大限に導くことだという素晴らしいコンセプトです。

ブータンの国家コンセプトは、僕なんかが聞くと非常に共感できて、
正に国家の理想の姿のように思えますが、
多くのエコノミストにとっては、
とてもユニークでどうも訳のわからないものなんだそうです。
そういったエコノミストの中には、「そもそも幸福の定義は何なのか」とか、
「GNHが国家目標なら、その達成を測る指標はあるのか」
といった質問をする人がやたらに多いです。
特に、西洋的価値観に基づいた教育を受けてきた人は、
こういうことを言うような気がします。

あえて定義を探せば、
「幸せとは、欲求と現状のギャップが小さいこと」を言うんでしょうね。
欲が無く現状に満足していれば、
貧しくとも幸せを感じることはできるでしょうし、
逆に、いくらお金持ちで物質的に恵まれていても、
欲が深ければ幸福感は少ないかもしれません。
従って幸福感は精神的なものに大きく左右されるので、
そんなものを測る指標なんてあるわけないのです。


<<<<ここまで

もっとブータンを知りたい方は、
http://www.keicho.com/world/bhutan2003-3.htmlでご覧になって下さい。


国家として、こんなコンセプトを打ち出せる国は、素晴らしいと思います。

しかし、そんなブータンでも環境汚染は進んでいるために、
国内での全面禁煙という法律が施行されたのだそうです。


世界中がこんな考えの元で幸福を求めていけば、
子供達にも、全ての生きる物や環境も美しく生きていけそうな気がしました。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 08:23| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

先頭車両乗客ゼロ

今日は大阪から友人が遊びに来ていて、さっき駅まで送っていきました。

うちの最寄り駅は、あのJR福知山線の三田と言うところです。

現在は新三田という三田の次の駅から宝塚までしか電車は走っていません。


大阪へ帰る友人は三田から宝塚行きの電車に乗り、
そこで乗り換えて、阪急電鉄で大阪(梅田)に向かうわけです。

私は自宅で仕事をしているので、長い間電車に乗っていなかったのですが、
三田駅へ滑り込んできた電車を見て、こんな状態なんだと
改めてあの事故の、残した公共交通機関に対する不信と乗客の不安を見ました。


電車がホームに差し掛かってきた時、
私は先頭車両を見て、迂闊にもガラガラに空いていると思ったのですが、
二両目、三両目と段々電車の後部車両が見えてくると
座席はいっぱいで、立っている人も多くいるのです。


あの事故の影響ですね。
他の鉄道でもそうなのでしょうか?

乗客は、時間が経てば徐々にでも先頭車両にも乗るようになるのでしょうが、
JRまでが「喉元過ぎれば・・・・」のようにならないことを祈ります。


もちろん、JRに限らず、全ての命を預かる人たちが。

JRさんと言う人は居ないし、一人一人の命を軽んずる考え方が
会社の空気を作ってしまうのです。

仕事量の分担は出来ても、人の命を任された責任は
分担したから軽くなるなんて思ってもらっては困るのです。



事故には遭わなかったものの、
先頭車両に乗れなくなった乗客の心理は、
今もあの事故の大きな爪痕を浮き彫りにしている気がしました。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 19:18| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

週末の過ごし方

なんだか最近、外に出たり人と会うのがとっても負担に感じるようになっています。

やや引きこもり?のような状態なのか、朝身体が怠くて起きづらいし・・・。

週末と言っても特にやることもなく、ダラダラとパソコンに向かっては

仕事をしているような、していないような。


それで、昨日は山に一人で出かけて、サクランボやグミをいっぱい採って

食べていました。中年のオッサンが山を散策しているのかと思いきや、

サクランボやグミをムシャムシャ採っては食べているんだから、

誰かが見たら、不気味かも知れないですね(^_^;)

でも幸い山には自分以外に人影もなく、たらふくサクランボを食べて

帰ってきました。あれをスーパーで買ったら、2,000円くらいになるのかも

知れませんね。

そして、今目を付けているのが山桃です。まだ色づいていないのですが、

実は大きく育ち、あと二週間ほどすれば食べ頃かも知れないと狙っています。



今日は昼から裏の小学校に行って、少年野球の練習でも眺めていようかと

思っています。子供達を見ていると、また子供を育てて野球を教えてあげたいなんて、

現実とも妄想ともとれるような物思いに耽っている自分に気付く時がありますね。

やっぱり、自分の長男が少年野球に熱中していた時期や娘達が少女バレーに

通っていた時期が懐かしくて堪らなくなる時があります。


私は、またこれからの人生をなんとか作り上げていかなければいけないのですが、

今、小さいお子さん、小学生のお子さんをお持ちの方々は、本当にその時期を

充分に楽しんでください。私の個人的な感覚ですとその時期は人生で

一番楽しくて大きな仕事をしている時だと思います。

一日の時間が24時間なのは変えようもない現実ですが、その時期には

できるだけ密度の濃い時間を過ごして欲しいと思います。


離婚して、もう子供達も大きくなった今、私が振り返って一番幸福に思い出されるのは

その頃の事ですから。



人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 11:46| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

悲しいこと

まだ同居を始めて2週間、産まれてから一ヶ月も経っていないインコのピーちゃんが

先週出ていってしまいました。まだお湯でふやかした粟玉しか食べられないのに・・・。

ちょうどベランダでカゴの掃除をしてあげている時に、羽ばたいて高く舞い上がり

空の点になって見えなくなりました。


まだ遠くへ飛べるはずもない雛だったけど、家の中でも少し飛ぶことがあったので、

念のため、羽も逃げる前々日に切ったところでした。

どこにあれだけ飛ぶ力があったのか、信じられない気がします。

それから毎日何時間も近所を歩き回って呼びかけながら探し続けていますが見つかりません。

餌をとれないし、山の中にまで入って探しましたがそんな時に限って

カラスや蛇に出くわしたり、悲しい予感で胸が締め付けられました。

人なつこいので逃げた後すぐに誰かの家に入ったり、人に見つけてもらって

可愛がっていてもらえればと、今は願うのみです。


家にいても、外から別のインコの声が聞こえたり、雀の声が聞こえたりする度に

ベランダに出て目を凝らしたりする毎日です。今日も探しに行きますが、

地元だけのネット掲示板のようなものを探して書き込みもしました。

逃げたベランダの下には餌をまいて雀と一緒に戻ってこないか見ていますが

来るのは雀だけですね。


インコは、目のすぐ斜め後ろ下にある耳から首の周りを指で掻いてあげると

目をつむって気持ちよさそうにするのですが、ピーちゃんにはいつも

そうしてあげていたので、私がよそ見をしていても自分から私の指に

耳の部分を押し当てて掻いてもらうのを待っているほど二週間で馴れていたのです。

毎日が楽しくなるような素敵な同居人だったのに、たった二週間で

去っていくなんてホントに悲しいです。




人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 10:21| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

寝不足

最近、うちの子の夜泣き(と言っても朝方)がひどくて、5時前からピヨピヨ鳴かれて起こされてしまいます。子と言ってもセキセイインコのピーちゃんなんですが・・・。インコにも個体差がありますね。性格というか、体質というか、今まで飼ってきたインコの雛は、寝る前に餌をやって真っ暗にしてやると、人が動き出すまで大人しくしていたのに、今度のピーちゃんはちょっと違うみたいです。

でも、可愛い。相手が鳥であっても、誰かに依存されていると言うのは嬉しいものですね!三時間おきに餌をあげないといけないって思ったら、やけにその三時間が短く感じます。でも自分で餌を食べられるようになったら、きっと少し寂しい気がするでしょうね!人間の子育ても同じですね。

鳥もこの雛の時に、乱暴な扱いをしたり、怖がらせるような事をすると、噛むのがきつくなったり人に寄りつかなくなったりします。でも、そっと愛情をかけて育ててあげると、自分を人間だと思っているように、いつも飼い主になついて寄ってきます。

二週間ほどで独り立ちするでしょうが、この可愛い同居人と二人暮らしを楽しみます。
posted by ソウリュウ at 08:23| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

新しい同居人(鳥)

昨日、またペットショップに行ってセキセイインコの雛を見ていて、どうしても欲しくなったので黄色に黒の斑点の入った8代目ピーちゃんを予約しておきました!今までにピーちゃん以外の名前を付けたこともあったのですが、結局ピーちゃんと呼ぶようになるので、名前は雌雄関係なくピーちゃんに決まっているのです。何でも、ペットショップに入荷した当日は、移送で急に死んでしまうことがあるから、一日様子を見てからしか売らないとのことだったので、今日またペットショップに行って受け取ってきました!

とっても元気で、連れて帰ってからもよく餌を食べるし、声をかけると鳴き始めるからとっても可愛いです。今日はペットショップでピーちゃんを受け取ってから、アロワナ(598,000円)の水槽を見ているとアルバイトらしき店員さんが話しかけてきました。最近はあんまりバカ話しをすることもないので、ピーちゃんを連れて帰るのが嬉しくもあり、私の悪戯心が騒いで店員さんをからかってしまいました。

店員さん 「このアロワナは珍しい種類で、なかなか入荷しないものですよ」

私 「でもえらく高いね、598,000円もするの?」

店員さん 「そうですね、珍しい種類ですから」

私 「ふーん、確かに僕も釣り好きだけど、釣ったことがないなぁ」

店員さん 「いや、これは日本にはいませんから・・・」

私 「僕も魚が大好きだから、買ってもいいけどなぁ」

店員さん 「ホントにこれは、なかなか手に入らないアロワナですよ!」

私 「これ、ここで調理もしてもらえるの?三枚おろしとか」

店員さん 「・・・いえ、調理はできないんですけど」
(かなり焦った様子で、危ないヤツだと言う警戒心を露わに・・)

私 「なんだ、ダメなのか」

店員さん 「これはペット用なので、食べるのには向いていないと思いますよ」
(かなり勇気を振り絞って言ってる様子)

私 「そうなの、じゃぁ唐揚げに向いたカエルは二階に売ってるの?」

店員さん 「唐揚げ・・カエルは二階に売っていますけど、私はあんまり詳しくないので二階の売り場で聞いてもらった方が・・・」
(完全に責任逃避、この危ないヤツを二階に丸投げしようとしている)

そして店員さんは私の前から足早に立ち去りました。

真顔でこの手の悪い冗談を言うと、たいていジョークとは受け取ってもらえないけどとっても楽しかった(^_^;)

店員さん、ごめんm(_ _)m


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 20:29| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

神について

一昨日、宗教についての記事を書きましたが、少し書き足したいことがありましたので今日はそれを書きます。タイトルにもありますが「神について」です。その存在については、人間の心の中にあるものだと私は思っています。逆に言うと、神様がどこかにいるとは思っていません。

人間の心の中にあるというのは、人間の慢心に対する抑止力であり、ある時は心のよりどころであるという意味です。でも以前に天地創造の主がもしいたとして、私たちが無限だと思っている宇宙の果てから、地球を観察している姿を想像したことがあります。スケールは全然違いますが、まるで蟻を透明な飼育ケースに入れて人が観察しているようにです。

狩猟を行い、農作物を実らせながら暮らしている人間に、神は時に干ばつなどの厳しい状況を与えることにより、試練を乗り越えて知恵を付けることを教えてきたのかも知れません。知恵を付けた人間は産業を興し、物を作りどんどん環境を破壊し始めます。それも一部の先進国だけが・・・。

最近、はっきり内容まで覚えていませんが北野武さんがガス会社のTVコマーシャルで、どんどん将来の分の資源まで今の時代に使ってしまっているのではないか?みたいなことを言っていますよね。まさにその通りだと思います。

資源のこともそうですが、今北朝鮮が核実験をしようとしているらしいとニュースで報道されていますが、こんな事を続けていればどうなるでしょう?私は天地創造の主がいたとしてと考えたときに、今人類がやっていることは、その神様のシナリオにはなかったのではないかと考えました。もともと地球上に存在しないプルトニウムなどという物質を作り出し、遺伝子を組み替え、クローンを作る。科学の進歩という名の下に、タブー(ここでは神様のシナリオになかったこと)を平気で犯し始めているように思えてなりません。何ごとも「過ぎたるは及ばざるが如し」です。

私は無神論に近い考えですが、しかし心の中に自分の慢心に対する抑止力としての神は存在してもいいと思っています。核兵器が抑止力だとか、よく考えてみればとんでもない事が報道でも語られる時代ですが、そんなものでしか均衡を保てない世界になってしまって・・・。

もし、私が天地創造の主なら、こんな地球は握りつぶしてしまいたいと思うかも知れないですね。


なんだか、宗教を取り上げてからとっても重たいことを書いているので、これからはもう少し笑えるような記事も書いていきたいと思っています。もともと、バカ話しが大好きな人間なのですが、このブログだけ見ていると、とっても陰気なヤツに思われそうですね。
これからは、子育てや家庭について以外にも、時事ネタに突っ込みを入れたりしていきたいと思っています。突っ込んでも笑えるようなニュースがあればいいけど・・・(^_^;)


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 09:07| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

JR福知山線事故

最悪の鉄道事故からもう一週間になろうとしています。私は同路線で10年余り大阪まで通勤してきました。最寄り駅までは徒歩でたったの3分です。大阪までは35分ほど。先頭車両に乗ることもしばしばありました。

もともとこの路線は電車の遅れが頻繁で、三分や五分なんてあまり気にもかけないと言うのが、利用者の感覚だったと思います。その裏で、運転士に対するあんなプレッシャーがかかっていたなんて、知る由もありませんでした。

ダイヤ改正がある度に快速の本数が増え、大阪までの時間も早くなりましたというのがJRの謳い文句でしたが、物理的にも問題があったのでしょうね。

今回、この事故の報道を観ていて憤りを感じたのは、事故発生直後から番組で原因は?というテーマを専門家と称する人を連れだしては語っていたことです。

火事場に行った消防士が火を消すこともせずに、腕組みをして「何が原因だったのだろう?」などと考えている光景を想像してみて下さい。これは、よく企業内でもあることで、何かトラブルがあった時に、その処理よりも責任の所在(誰のせいだ?)や、原因究明が先に議論されることが多々あります。

マスコミは今回の事故でJR側が乗客を「被災者」と呼んだなどと言っていますが、自分たちの視聴率を獲得するための歪みをなんだと思っているのでしょうね?

昨日、長女とバッタリ会って少し立ち話をしていたのですが、長女の同級生があの事故で入院していること、長男の高校時代の同級生があの事故で亡くなったこと、次女の友人が多数あの電車に乗り合わせていたこと、そして長女が勤務する病院に、あの事故で怪我をされた方がたくさん入院されていることを聞きました。

私にとっては地理的な感覚でとても身近で痛ましく感じた事故でしたが、子供達はこの事故からもっと大きなものを受け取っているのだと感じました。そして昨夜は改めて子供達ともっと話したいと思いました。阪神淡路大震災の時もそうでしたが、何らかの災害や悲しみに襲われたとき、家族は普段以上に一緒に居たいと思うもののようです。

二度とこのような悲惨な事故が起こらないことを切に願います。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 10:13| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

愛する、そして愛されると言う言葉

私は子供の成長を生き甲斐にして生きてきて、子供に愛され家内にも愛されていると思って今まで生きてきました。そして、それは多分紛れもない事実だったと思います。

しかし、今は一人、そんな孤独に苛まれています。悲しいんでもない、寂しいと言えばそれに似ている、でもそれとも違って誰からも愛されていないと言う孤独感。実際はそうではないかも知れません。でもこれは自己嫌悪にも似た感覚なのかも知れません。もうこんなにネガティブな独り言は止めて、自分を変えていかないといけませんね!

近頃はよく日本人も愛するとか、愛されるとか言う言葉を口にするようになりました。幸福になるには、愛する、そして愛されるというエッセンスが不可欠ですね!そして、みんな等しく幸福になるために生まれてきたはずです。不幸になるために生まれてきた命なんてあるはずはないのです。結果論でそんな不幸な道をたどった命があったとしても、やはり不幸になるために生まれてきたわけではないはずです。これは人間の命に限ったことではありません。

今私が言えることは、傍にいて自分のことを愛してくれる誰かに、感謝の気持ちを持って欲しいと言うことです。そして照れずに言えるなら、愛してると言葉で伝えて下さい。

あなたの愛は、どんな愛ですか?
もし良かったら教えて下さい。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 21:09| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

四月ですね。

もう桜の便りも聞こえ始めて、春もすぐそこまで来ていますね。なかなか子育てについてや、離婚について、そして私自身が今感じていることを何度も書こうとしたのですが、数行打ったらもうその先が続かなくなって、つい更新できずにいました。

考えることや、心の中には顔も知らない方にでも聞いて欲しいような思いはたくさんあるのですが、文章にするための整理がつかない状態みたいです。こう言うと、なんだかすごく落ち込んでいる男を想像されるかも知れないのですが、そう言うわけでもありません。敢えて言葉にすると、家庭がなくなって今の自分が何者なのか分からないような感じです。
せめて暖かくなれば気分も変わるかと思って、とりあえず足掻くのはやめました。

最近ニートの増加や、学力の低下など、将来のこの国が不安になるようなニュースが多い中で、ブログを始めてから何ごとにも問題意識を持って意見を交換し会っている人たちを知りました。悩みやトラウマを持ちながら一生懸命生きている方や、幸せな家庭を持って子育てに生き甲斐を感じておられる方。生きる環境や生い立ちは違っても、みんな素敵な方たちばかりだと感じています。(相手は私を知らないですが・・・)

今の私にできることは、とにかく幸せな家庭を持ち、子育てされている方を心から応援することです。自分が全うできなかったそんな環境を羨んだり妬んだりするようになったら、私にとってこの先の幸せな将来もなくなると思うからです。そのような感情は憎しみや恨み以上に、人間の一番醜いものだと思っています。

頭の中が整理できてきたら、このブログを読んで下さる方々にとってもう少し役に立つ自分なりの経験を書いていきます。それまでは、独り言のように日記を書いていこうと思います。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 18:07| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

弾き語り

今朝、ある曲の歌詞を確かめたくて押入にしまい込んだままだったレコードをゴソゴソ探し回っていました。目的のレコードは見つかったのですが、他のレコードを改めて見るのも十数年ぶりだったので、懐かしく一枚一枚見返していました。

残念ながらレコードプレーヤーがもうないので、それを聴くことはできなかったのですが、もしプレーヤーがあったら一日中お気に入りから順に聴いていたと思います。曲は歴史を思い出させると言いますが、レコードの時代と言えば家内との事しか思い出せませんでした。考えてみればうちの子供達が音楽を聴くようになった頃のは、もうCDの時代だったのですね。

それにしても、レコードのジャケットをひとつずつ見ていると、とっても懐かしい思いがしました。文明や技術の進歩は、情報も物も小さくしていくと言いますがその通りですよね。CDやMDに比べて無駄に大きいだけのようなレコードでも、ジャケットを見ての感慨はCDのそれではきっと味わえないような気がしました。

レコードが聴けなかったぶん、今日はレコードにあるフォークソングやニューミュージックといったジャンルの曲を自分でギターの弾き語りをして過ごしました。今日は、なんんとなく安らいだ気持ちになれる一日でした。明日は近所の温泉にでも行くかなぁ!


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 21:07| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

やさしい時間

紙.jpg

昨夜たまたまテレビを観ていると「やさしい時間(だったと思う)」というドラマの最終回が放映されていました。続けて観ていたわけでもないのですが、何となく最後まで観てしまいました。

実はそのドラマのあるシーンが、最近私が体験してショックを受けたものと似ていたからでした。長年父親に会っていない息子が、父親を訪ねるという設定だったと思います。父親と向かい合った息子は開口一番「ご無沙汰してます」と言うのです。

私が体験した場面は、先日自動車保険のことで次女が私の家を訪ねてきた時のことです。部屋に入りながら娘は「おじゃまします」と言ったのです。本人も無意識に口から出た言葉でしょうし、私もその瞬間は余り気に留めませんでした。

しかし、娘が帰ってから「おじゃまします」という言葉が私の耳から離れずにいました。私は一人腰掛けてボーっと物思いに耽るような状態だったと思います。

「おじゃまします?ここはお前が育った家だろう?お前が15年以上も暮らしてきた家だろ?」そんな思いがグルグルと頭の中を巡っていました。

昨夜のドラマの台詞で、忘れかけていたその時のことが急に思い出されてしまいました。

この記事の上部に貼り付けた画像は、次女が中学生の時にパソコンで描いた家族のイラストです。昨日パソコンの中に保存されたままになっているのを見つけたので、敢えて貼り付けてみました。思い出から逃げるなんて出来ない事を正面から受け止めないといけませんからね。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 14:29| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

最近涙もろく・・・

今日は少し疲れ気味なので、子供のスポーツはお休みにします。

ところで最近、離婚して一人暮らしが寂しいからなのか、ただ歳なのか解らないのですが、涙もろくなったと感じています。と言っても涙を流すのは映画やテレビを観てなんですが・・・。

今日は何を思ったか昔録画しておいた「魔女の宅急便」を観ていて涙が出てきました。ちょっとおかしいですよね。他には少し前に「Dr.コトー」の再放送を観ていて涙が止まらなかったし、ちょっと精神的に変なのかなぁ?

でも時には泣いたり涙を流すとストレス発散になるって聞いたこともあるから、気にすることでもないのでしょう。

今日は早めにゆっくりお風呂に入って、晩酌しながらリラックスします!


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 19:04| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

三連休

この三連休は天気も良くて暖かいらしいし、気分転換にちょっと自然に触れに行こうかと思っています。自然に触れにと言っても、家の近くに山があるから春の息吹でも感じて元気をもらおうかと思って・・・。歩いたことのない自然な道をあてもなくブラブラ歩くのはなかなか良いものですよ!普段なら目にとまらない些細な物や、匂い全てが新鮮で心地よく感じます。

このブログを始めて、子供のこと、生きること、幸せになることを真剣に見つめている方々がたくさんいらっしゃるのを実感しました。それだけでも、私にとって大きな収穫だけど、これからの自分の人生を充実感のある幸せなものにするためにも、まずはこのブログを通じて世の中のために、何かしたいと思っています。

その何かがまだわからないのですが・・・。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 10:59| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

離婚してから・・・

一人で暮らすようになって、生活のリズムや自分の行動もかなり変わったと今日改めて思いまし。まず食事は一日に一食、料理は得意だが今までは洗い物や洗濯、掃除などもほとんどやったことがなかった。それがどうなるのかと他人事のように自分で俯瞰していたら、以外と掃除、洗濯、ゴミ出しなども以外にこまめにやっています。今月の失敗は毎月第一火曜にしかないビンのゴミを出し忘れて、ベランダにはビンがかなりたまっています。紹興酒が好きなのでほとんどがそのビンです。

気分的には、落ち込んでいるわけでもないのだが、敢えて言えば第一の人生が終わって第二の人生をどんな風に生きるか、そんなことを悶々と考えている。子供達は近くに住んでいるのだが訪ねてくることもなく、二十年近く育ててきてもこんなものかと実感しています。


人気blogランキング

続きを読む
posted by ソウリュウ at 16:24| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

小説にしようかな?

今日はとっても暖かくて良い天気でした。もう、春もすぐそこまで来ているみたいですね。
このブログを立ち上げて、最近自分なりに迷いが出てきました。
と言うのは、このブログに書いていることは本当の自分の思いに違いはないんですけど、
自分の弱い部分や迷い、不安、寂しさなどを率直に書きづらいのも事実です。

だから、自分がノンフィクションストーリー(完全じゃなくても)の一人称になって
そこでもっともっと本音を吐露していこうかと考え始めました。

まずパソコン上でストーリーを作り上げながら、連載形式でこのブログに
書き込んでいこうと思います。

少し時間がかかるかも知れませんが、ぜひ読んでもらえれば嬉しいです。
小説を連載するまでの間も、更新はしていきますのでよろしく!

小説と言えば私はかなり幅広く色んな作家のものを読んできました。
司馬遼太郎、白石一郎、吉川英治、吉村昭、宮本輝、花村満月などなど。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 17:35| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

大雪の休日

今日は寒いし雪もかなり降っていたので、自分のブログの参考になればと

色々な方が書かれている記事を読みながら過ごしていました。

それにしても、バツイチとか離婚とか子育てについて書かれているブログは、

どうして女性のものばかりなのでしょうね?

離婚した男が子供のことを考えていないのか、

考えているけど多くを語らないだけなのか・・・。

確かにまだ離婚して間もない私でも、

一人になると男の方が弱いなぁって実感を既に持っています。

でも、子供は母親だけで作ったんじゃないし、離婚して子供と離れてしまった父親にも、

思うことはあると思います。今日はかなり時間をかけて検索してみたけど、

そんなブログやホームページを見つけることが出来なかったのが残念でした。

離婚した父親が子供のことをネット上で語るのは、

小学校の時に男子が家庭科クラブに入部するより稀少みたいですね。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 20:29| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

ティータイム

私には何人か中国人の友達がいるのですが、彼らの影響で家では烏龍茶を飲むのが一つの楽しみになっています。実際に中国の家庭では烏龍茶より緑茶の方がよく飲まれているどうなのですが・・・。
私がいつもその友達から分けてもらうのは凍頂烏龍茶という品種なのですが、これがとっても香りが良くて美味しいのです。私の場合は、入れ立てのお茶をホットで飲みますが、上品に一杯というよりがぶ飲みに近い印象です。

入れ方も日本の急須に茶葉と金木犀の花を干したものを入れて熱湯を注ぐというもので、情緒もなにもあったものじゃないのですが、これを三回ほど出します。この金木犀の香りが茶葉の香りと入り交じって何とも言えずリラックスした気分にさせてくれます。ホットで飲みきれない分は容器に入れて冷やしておき夜に焼酎をそれで割って飲んでいます。

私にとっては烏龍茶にも意外な効能があって、これを飲み始めてから私の体重は7キロも減った(69キロ→62キロ)のです。

ちなみに金木犀の花は日本で売っていない(私も桂林出身の友達に分けてもらっています)ので普通はなかなか手に入らないと思います。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 15:16| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

トラウマ

私は子供の頃にかなり痛い目にあって以来、歯医者が怖くて仕方がありませんでした。この世で一番怖いものは?と聞かれたら、ためらいなく歯医者と答えるほど・・・。それが祟って、歯周病が進行し上の前歯がグラついてとうとう今日は抜く羽目に・・・。

麻酔が効きにくい体質なのか、イヤと言うほど麻酔を打たれなんとか無事抜歯が済みました。足は突っ張り肩には力が入り、本当に自分では精一杯の勇気を振り絞って耐えた後は、妙に晴れやかな気分になりました!まだ治療は続くけど、これも前向きに考えて最後まで頑張ろうと決意を新たにしました(大袈裟に聞こえるかも知れませんが、本人は大真面目)。

ちなみに私は少し血圧が高めなのですが、歯医者さんに聞くと、脈拍×最高血圧=15000を越えると、麻酔をかけての抜歯は出来ないそうです。

抜歯も怖かったけど、抜歯後に入れる仮歯(保健適用外)の30000円は痛かったなぁ・・・。
みなさん、歯の治療は早めがいいですよ(^_^;)


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 18:48| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。