2005年06月11日

先頭車両乗客ゼロ

今日は大阪から友人が遊びに来ていて、さっき駅まで送っていきました。

うちの最寄り駅は、あのJR福知山線の三田と言うところです。

現在は新三田という三田の次の駅から宝塚までしか電車は走っていません。


大阪へ帰る友人は三田から宝塚行きの電車に乗り、
そこで乗り換えて、阪急電鉄で大阪(梅田)に向かうわけです。

私は自宅で仕事をしているので、長い間電車に乗っていなかったのですが、
三田駅へ滑り込んできた電車を見て、こんな状態なんだと
改めてあの事故の、残した公共交通機関に対する不信と乗客の不安を見ました。


電車がホームに差し掛かってきた時、
私は先頭車両を見て、迂闊にもガラガラに空いていると思ったのですが、
二両目、三両目と段々電車の後部車両が見えてくると
座席はいっぱいで、立っている人も多くいるのです。


あの事故の影響ですね。
他の鉄道でもそうなのでしょうか?

乗客は、時間が経てば徐々にでも先頭車両にも乗るようになるのでしょうが、
JRまでが「喉元過ぎれば・・・・」のようにならないことを祈ります。


もちろん、JRに限らず、全ての命を預かる人たちが。

JRさんと言う人は居ないし、一人一人の命を軽んずる考え方が
会社の空気を作ってしまうのです。

仕事量の分担は出来ても、人の命を任された責任は
分担したから軽くなるなんて思ってもらっては困るのです。



事故には遭わなかったものの、
先頭車両に乗れなくなった乗客の心理は、
今もあの事故の大きな爪痕を浮き彫りにしている気がしました。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 19:18| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソウリュウさん、今日は有難うございました!
とても楽しみにしています。有難うございます。
そうですか、先頭車両0・・その心理も分かりますね。
喉元過ぎれば・・・にならないことを私も祈っています。誰が悪いでもない、意識の問題ですね。
私は公共の乗り物に乗るのは年に一度か二度なんですが、乗る時に命の危険なんて考えたこと、あんまりないです。去年飛行機にのってて、自分のすぐ横に落雷があった時はかなり動揺したけど・・みんなそんなこと思いもしないうちに、命を落とされたんですよね。
命があることに、今日も感謝です。
ソウリュウさん、よい一週間をお過ごし下さいね!
Posted by makiko at 2005年06月12日 22:28
そうですね、もう19日から福知山線も運転を再開すると言っているし、とにかく二度とあんな事が起きないように願っています。

お茶は明日には届くと思いますので楽しみにしていて下さい!

makikoさんも、よい一週間を!
Posted by makikoさんへ at 2005年06月13日 06:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

阪急電鉄
Excerpt: 阪急電鉄阪急電鉄(はんきゅうでんてつ、英語|英称 Hankyu Corporation)は、大阪梅田駅|梅田と神戸市|神戸・宝塚市|宝塚・京都市|京都を結ぶ大手私鉄である。阪急ホールディングス(旧・阪..
Weblog: 鉄道まにあ
Tracked: 2005-07-04 03:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。