2005年06月05日

週末の過ごし方

なんだか最近、外に出たり人と会うのがとっても負担に感じるようになっています。

やや引きこもり?のような状態なのか、朝身体が怠くて起きづらいし・・・。

週末と言っても特にやることもなく、ダラダラとパソコンに向かっては

仕事をしているような、していないような。


それで、昨日は山に一人で出かけて、サクランボやグミをいっぱい採って

食べていました。中年のオッサンが山を散策しているのかと思いきや、

サクランボやグミをムシャムシャ採っては食べているんだから、

誰かが見たら、不気味かも知れないですね(^_^;)

でも幸い山には自分以外に人影もなく、たらふくサクランボを食べて

帰ってきました。あれをスーパーで買ったら、2,000円くらいになるのかも

知れませんね。

そして、今目を付けているのが山桃です。まだ色づいていないのですが、

実は大きく育ち、あと二週間ほどすれば食べ頃かも知れないと狙っています。



今日は昼から裏の小学校に行って、少年野球の練習でも眺めていようかと

思っています。子供達を見ていると、また子供を育てて野球を教えてあげたいなんて、

現実とも妄想ともとれるような物思いに耽っている自分に気付く時がありますね。

やっぱり、自分の長男が少年野球に熱中していた時期や娘達が少女バレーに

通っていた時期が懐かしくて堪らなくなる時があります。


私は、またこれからの人生をなんとか作り上げていかなければいけないのですが、

今、小さいお子さん、小学生のお子さんをお持ちの方々は、本当にその時期を

充分に楽しんでください。私の個人的な感覚ですとその時期は人生で

一番楽しくて大きな仕事をしている時だと思います。

一日の時間が24時間なのは変えようもない現実ですが、その時期には

できるだけ密度の濃い時間を過ごして欲しいと思います。


離婚して、もう子供達も大きくなった今、私が振り返って一番幸福に思い出されるのは

その頃の事ですから。



人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 11:46| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実質的な子育ては終わったとは言え、まだまだ高校生の息子を抱えていると、将来に対する不安から苛立ったり苦しかったり、まだまだ楽しい思い出には昇華できません
ただ、今朝読んだ小説に、こんな一説が書かれていました
「忙しくて忙しくて、それでもまだすることが山積みだっていうのは、実は幸せの一つの形なんだって。」
ということは、私は実は今、ものすごい幸せの中にいるってことですかね〜〜 笑
Posted by nitonyan at 2005年06月05日 16:52
コメントありがとうございます。

なんか、その小説の一文、僕も読んだような気がするけど、気のせいかなぁ?子供がいつも傍にいるだけでも、幸せだと言えるんじゃないかなぁ?今の僕にはそう感じますよ!あとしばらく、子育てと言う大仕事を苦しいと思わず楽しんで下さいね!

僕から見ると羨ましいですよ!
Posted by nitonyanさんへ at 2005年06月05日 17:03
おはようございます。
私も毎日、1歳と3歳の息子のいたずらに、悩まされながらも、こういう時期が一番楽しいんだろうなって思っています。
3歳の息子は一日中なんか話しかけてくるので、たまには黙ってて欲しいと思うこともありますが、思春期になったら口もきいてくれなくなるかもと思い、今を楽しんでいます(笑)
子供を育てられる幸せを噛み締めている毎日です。こんな私でも、子供を生み育ててるなんて、何だかスゴイなって思います。
人生で一番神聖な仕事ですものね、育児って。
私なりに頑張ってるつもりです。
またソウリュウさんのお話、楽しみにしています。
Posted by makiko at 2005年06月06日 08:29
makikoさん、いつもありがとうございます。
1歳と3歳のお子さんなら、まだまだこれから子供と一緒に色んな経験ができますよね。
おっしゃるとおり子育ては、人生で一番神聖で楽しくて得るものの多い仕事です。

出きるだけ密度の濃い(抽象的だけど)充実した時間を子供と一緒に過ごして下さいね!
Posted by makikoさんへ at 2005年06月06日 09:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4143109

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。