2005年05月01日

JR福知山線事故

最悪の鉄道事故からもう一週間になろうとしています。私は同路線で10年余り大阪まで通勤してきました。最寄り駅までは徒歩でたったの3分です。大阪までは35分ほど。先頭車両に乗ることもしばしばありました。

もともとこの路線は電車の遅れが頻繁で、三分や五分なんてあまり気にもかけないと言うのが、利用者の感覚だったと思います。その裏で、運転士に対するあんなプレッシャーがかかっていたなんて、知る由もありませんでした。

ダイヤ改正がある度に快速の本数が増え、大阪までの時間も早くなりましたというのがJRの謳い文句でしたが、物理的にも問題があったのでしょうね。

今回、この事故の報道を観ていて憤りを感じたのは、事故発生直後から番組で原因は?というテーマを専門家と称する人を連れだしては語っていたことです。

火事場に行った消防士が火を消すこともせずに、腕組みをして「何が原因だったのだろう?」などと考えている光景を想像してみて下さい。これは、よく企業内でもあることで、何かトラブルがあった時に、その処理よりも責任の所在(誰のせいだ?)や、原因究明が先に議論されることが多々あります。

マスコミは今回の事故でJR側が乗客を「被災者」と呼んだなどと言っていますが、自分たちの視聴率を獲得するための歪みをなんだと思っているのでしょうね?

昨日、長女とバッタリ会って少し立ち話をしていたのですが、長女の同級生があの事故で入院していること、長男の高校時代の同級生があの事故で亡くなったこと、次女の友人が多数あの電車に乗り合わせていたこと、そして長女が勤務する病院に、あの事故で怪我をされた方がたくさん入院されていることを聞きました。

私にとっては地理的な感覚でとても身近で痛ましく感じた事故でしたが、子供達はこの事故からもっと大きなものを受け取っているのだと感じました。そして昨夜は改めて子供達ともっと話したいと思いました。阪神淡路大震災の時もそうでしたが、何らかの災害や悲しみに襲われたとき、家族は普段以上に一緒に居たいと思うもののようです。

二度とこのような悲惨な事故が起こらないことを切に願います。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 10:13| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソウリュウさん、久しぶりに書き込みさせてくださいね。
今回の事故、ソウリュウさんの地元だったのですね。
私は最近、この事故の件だけに限らず、マスコミの報道をほとんど見ていないんです。
現実逃避かなとも思うんですが、見ていられないというのが正直なところです。
今回の事故は、様々な歪みが引き起こしたものではないでしょうか?
そこから学ぶことを真摯に受け止め、自分の生活を振り返ってみたいと思います。
Posted by 賀上由紀子 at 2005年05月02日 05:20
賀上さん、コメントありがとうございます。マスコミも企業も本当に様々な歪みがありますね。不要な情報は拒絶するのも一つの方法だと思います。そう考えると嫌な時代ですね!
賀上さんは何か商売を始められたのですか?セミリタイヤでも目指しておられるのかな?
充実した毎日を過ごしておられるようで、良いことだと思います。
私も一人になって、今後の生き方を模索しています。
Posted by ソウリュウ at 2005年05月02日 08:19
ソウリュウさんにかかわりのある方が、そんなにたくさんあの電車に乗っておられたのですね・・。心から亡くなった方のご冥福、怪我をなさった方のご回復、そして、乗り合わせた方達の心の回復を願っています。
それにしても、運転士もかわいそうだと思いました。運転士のご家族の気持ちを思うと本当に何と言っていいやら・・。
利益最優先の企業姿勢。人間と思わぬ教育法、問題が山積みですね。
二度とこのような事故が起こらないために、早急に対策を練らねばなりませんね。
マスコミも面白半分に騒ぎ立てるだけでなく、もっと必要なことをメディアを通じてばら撒いて欲しいですね。
Posted by makiko at 2005年05月02日 09:49
makikoさんコメントありがとうございます。
本当にこんなに身近な人たちが事故に遭うなんて、長女から話しを聞いて改めて驚きました。
「いつまでもあると思うな親と金、ないと思うな運と災難」って言う言葉がありますが、悪いことで当たってしまいますね。
天災ならまだしも、今回の事故はどう考えても人災としか考えられないですからね。
たくさんの人に悲しみや苦しみをもたらすこんな事故は、とにかく二度と起こさないで欲しいと思います。
Posted by ソウリュウ at 2005年05月02日 12:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3245056

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。