2005年04月26日

携帯電話

お子さんをお持ちの方なら、子供の成長につれて携帯電話をいつから与えるかという問題については少し悩まれるのではないでしょうか?うちの三人の子供には高校に進学した時点で持つことを許可しました。

本当に必要なものでもないことは、解っているのですが時代の流れには逆らえませんでした。本当は不要なもので、必要に迫られてというのではなく、おもちゃに近い感覚であることも知っての上です。

今の若い人たちの中には、携帯電話代が食費などの生活費を圧迫し、例えば15万円の収入の内、携帯電話代が三万円とか五万円といった状態も決して珍しくはないと新聞で読んだことがあります。うちは三人子供が居たので、それぞれに携帯電話の使い方は違っていました。自分からはよっぽどのことがない限り電話をかけないのは共通していましたが、長女はメールも必要なときだけ、次女はいつ見てもメールをしていて、寝るときも携帯電話を握ったまま(これを新聞記事ではメール中毒、携帯中毒と表現していました)、そして長男はメールもそこそこで、ウェブで着メロなどをよくダウンロードしていました。

うちは小遣いから携帯代を天引きすることによって、どれだけのお金がかかっているのかを教えてきたつもりですが、それぞれが独立した今、ちゃんと無駄な使用は控えてくれているか、少し心配しています。

親が携帯代を全て負担してあげたり、小学生から持たせたりという事には基本的に反対です。確かに危機管理として携帯を持たせるといった考えもあるようですが、非常時ようのグッズは携帯以外にもあるはずです。

人間にはコミュニケーション能力がとても重要だと思います。もし、携帯電話を持たせるのであれば、料金のことも、使うシーンもキチンと親が話しをして、理解させる必要があると思います。

文明の利器は確かに人々の暮らしを便利にしてきましたが、人間を退化させ、工夫する思考を失わせる一面を持ち合わせていることも事実です。

IT先進国の韓国に行っても、アメリカに行っても日本の通勤電車や町中のように携帯を操作しながら歩いている人なんてほとんど見かけません。少し日本は携帯電話によって特異な状況になりつつあるのを危惧しています。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 09:02| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソウリュウさんのご意見に私も同感です。私の生徒も中学生、高校生の携帯電話所持率はほぼ100%です。しかもみんな親が支払いをしている。それが当たり前のようになっている風潮に、ちょっと戸惑っています。うちはおそらく、高校生になった時点で、また娘と考えたいと思いますが、今のところ、小学生で携帯を持たせる予定は一切ありません。そのかわり、ランドセルのポケットにいつもお金を少し忍ばせてあります。万が一のためです。電話代、タクシー代、何かの役に立つかもしれませんので。それと、合言葉も決めています。万が一、知らない人が言葉巧みに娘を連れ去ろうと、たとえば「お母さんが事故にあったから、すぐ病院まで連れて行く」何て言われた場合は、合言葉を決めていて、それを言わない人はアウト、というふうに決めました。
こんなことをしなければいけない世の中自体が間違ってる気がしますが、仕方ありませんね。わが子を守れるのは親しかいませんからね。
ところで、福知山線をご利用だったのですね!
人間、何が起きるかわかりませんね。ただ、生きていることに感謝せねば、と思いました。
Posted by makiko at 2005年04月26日 18:30
いつもmakikoさんに読んでもらえて、素直に嬉しいです。ランドセルにお金を忍ばせるのは、僕たちが子供の頃から親がしてくれていた素晴らしい知恵ですね!合い言葉も、いいアイデアだと思います。私が携帯電話が普及したことにより危惧するのは、そう言うアイデアを考えようともせずに、物に頼る傾向なんです!些細なことでも、makikoさんがやっているような事が人間の英知だと信じています。自分を守る知恵、愛する人を守る知恵、そして生きるための知恵は完璧じゃなくても、誰でもが考えれば出てくるはずですよね!
Posted by ソウリュウ at 2005年04月26日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3160043

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。