2005年03月25日

やさしい時間

紙.jpg

昨夜たまたまテレビを観ていると「やさしい時間(だったと思う)」というドラマの最終回が放映されていました。続けて観ていたわけでもないのですが、何となく最後まで観てしまいました。

実はそのドラマのあるシーンが、最近私が体験してショックを受けたものと似ていたからでした。長年父親に会っていない息子が、父親を訪ねるという設定だったと思います。父親と向かい合った息子は開口一番「ご無沙汰してます」と言うのです。

私が体験した場面は、先日自動車保険のことで次女が私の家を訪ねてきた時のことです。部屋に入りながら娘は「おじゃまします」と言ったのです。本人も無意識に口から出た言葉でしょうし、私もその瞬間は余り気に留めませんでした。

しかし、娘が帰ってから「おじゃまします」という言葉が私の耳から離れずにいました。私は一人腰掛けてボーっと物思いに耽るような状態だったと思います。

「おじゃまします?ここはお前が育った家だろう?お前が15年以上も暮らしてきた家だろ?」そんな思いがグルグルと頭の中を巡っていました。

昨夜のドラマの台詞で、忘れかけていたその時のことが急に思い出されてしまいました。

この記事の上部に貼り付けた画像は、次女が中学生の時にパソコンで描いた家族のイラストです。昨日パソコンの中に保存されたままになっているのを見つけたので、敢えて貼り付けてみました。思い出から逃げるなんて出来ない事を正面から受け止めないといけませんからね。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 14:29| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日のお話、切なくて胸がキューんとなってしまいました。娘さんの絵、とってもカラフルで楽しそうですね。きっととても楽しい家庭だったからだと思います。
ソウリュウさんの心の隙間は簡単に埋めることができないと思いますが、ソウリュウさんなら孤独に負けないんじゃないかなって、勝手に思っています、すみません・・。またいいお話を聞かせて下さいね。
映画の話、最近涙もろく、のコメントに書かせて頂きました!よかったら参考になさって下さいね。
Posted by makiko at 2005年03月25日 17:12
makikoさんいつも読んでいただいてありがとうございます。「最近涙もろく」のコメントも読ませていただきました。確かにうちは楽しい家庭だったと思います。僕はこれからはとにかく前向きに生きていきますし、まだまだ幸福にもなりたいですからね。坂本龍馬の言葉に、「この世に失敗だとか、もう無理、もうダメなどと言うことがあるか!」というニュアンスのものがあるのですが、人生も生きている限り失敗と言うことはないと信じています。
Posted by ソウリュウ at 2005年03月25日 17:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

やさしい時間
Excerpt: 関連するブログ記事から内容の濃いものを独断で選んでみました。 いろいろなご意見が
Weblog: ブログにコメントGood!orBad!
Tracked: 2005-03-25 21:59

やさしい時間
Excerpt: 関連するブログ記事から内容の濃いものを独断で選んでみました。 いろいろなご意見が...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline
Tracked: 2005-04-28 09:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。