2005年03月16日

小説にしようかな?

今日はとっても暖かくて良い天気でした。もう、春もすぐそこまで来ているみたいですね。
このブログを立ち上げて、最近自分なりに迷いが出てきました。
と言うのは、このブログに書いていることは本当の自分の思いに違いはないんですけど、
自分の弱い部分や迷い、不安、寂しさなどを率直に書きづらいのも事実です。

だから、自分がノンフィクションストーリー(完全じゃなくても)の一人称になって
そこでもっともっと本音を吐露していこうかと考え始めました。

まずパソコン上でストーリーを作り上げながら、連載形式でこのブログに
書き込んでいこうと思います。

少し時間がかかるかも知れませんが、ぜひ読んでもらえれば嬉しいです。
小説を連載するまでの間も、更新はしていきますのでよろしく!

小説と言えば私はかなり幅広く色んな作家のものを読んできました。
司馬遼太郎、白石一郎、吉川英治、吉村昭、宮本輝、花村満月などなど。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 17:35| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソウリュウさん、小説、楽しみにしています。
本音を吐いていくって、やっぱり勇気がいると思うんです。
でも、本当はそこに人は共感するものだと思います。
私もぜひ読ませて頂きますね。
Posted by 賀上由紀子 at 2005年03月17日 09:50
賀上さん、ありがとうございます。
ホントに本音をさらけ出すのは勇気が要りますよね。
コメントをいただいてすごく励まされた気がします。
少し時間がかかるかも知れませんが、頑張ってみます。
Posted by ソウリュウ at 2005年03月17日 10:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2443288

この記事へのトラックバック

真夜中の太陽 (中公文庫)
Excerpt: ロシヤ語の翻訳家であり、名通訳であった米原万里さんの日本を憂うエッセイ。エッセイと言うよりもコラムですね。共産圏での経験があるので、政治、経済を常に考えておられたのでしょう。素晴らしい感性だと思います..
Weblog: ノンフィクションのレス
Tracked: 2007-10-14 03:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。