2005年03月10日

一人になって・・・

離婚してから一人暮らしが始まって、何がよく分からないって様々な毎月の支払いです。
電気代、ガス代、電話代、保険代、etc・・・。
煩わしいと言うのが正直なところですが、それらのサービスを享受することで
私の生活は成り立っているわけです。
少なくとも私にとって、それらのサービスを提供してくれている企業は
人様のお役に立っているということですね!

請求書を見て銀行口座にお金を入金に行ったりしていると、これまで自分が
どれほど生活していくためのお金に無頓着だったのかを痛感します。
自分が一ヶ月生きていくのに最低いくら要るのか、こんなことも恥ずかしながら
最近知った次第です。43年も生きてきて、情けない話しです。

一ヶ月に最低いくらあれば生活ができるのか把握することはとっても大切なことですね。

書店に行くと「年収300万円時代を生き抜く知恵」というような本が並べられています。
最近、私が読んだ本には『日本の会社は年収400万円の社員をこれまでは100人雇う』と言う
スタイルでしたが、今後『年収1億円の社員一人と、年収300万円の社員99人』に
変わっていくだろうって・・・。
どちらも会社が100人に対して払う人件費は同じなんですよね。

私はサラリーマンではありませんが、このような構図は個人事業主にも当てはまって
くるでしょう。

世の中の、特に既婚者の男性たちは自分が最低いくらあれば一ヶ月暮らせるのか?
これぐらいのことは、今の内から知っておいた方が良いと思いますよ!

私も経済的自由人になりたいと思っていますが、私の尊敬する恩師も「最低いくらあれば生活できるのかをまず知らないと、夢を実現するための段階的計画も立てられないよ」って言っていました。


人気blogランキング
【関連する記事】
posted by ソウリュウ at 10:58| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。