2005年07月16日

時間の大切さ〜昨今

本当に久しぶりの更新になります。

以前は出来るだけ更新しないといけないと言う、
強迫観念みたいなものがあったような気がします。


でも、これからは自分の言葉で本当に書きたいことがあるときだけ
更新しようと決めました。


また、今日はスポーツに関するような話題です。


先日、友達(彼女)の息子さんと三人でボール遊びをしていました。
私が投げて、息子さんがバットで打って、彼女が守るという状況です。


そんなとき、息子さんが打ったボールが遊んでいた幼稚園の園庭の柵を越えて
隣にある小学校の校舎裏に飛び込みました。
幼稚園の柵を乗り越えると、やや急傾斜の下り坂になっていて、
その5メートルほどの傾斜を下ると、小学校の敷地は2メートルほど低くなっています。
言ってみれば、充分飛び降りられる高さなのです。



私はボールが柵を越えた時点で、子供の頃の記憶がよみがえり、
斜面に生えている、どの木の辺りから落ちていったかを振り向きざま
しっかり確認していました。


それを覚えていないと、思いの外ボールを見つけるという作業が困難なことを
子供の時の経験で体得していたからです。


「この木の辺りから落ちたよ」
私が息子さんに言って、三人でボール探しが始まりました。
しかし、その息子さんは小学5年生なのに5メートルの段差を飛び降りられず、
大回りをしてその場所に降りてきました。


私は敢えて、下には降りずにどうするかみていたのですが、
探し方が、とても緩慢なのです。

私が子供の頃、友達と野球をしていてもボールがどこかに飛び込んでいくのは、
日常茶飯事でしたが、早くボールを見つけて野球を続けたいのと、
暗くなったらできないから全員が恐ろしく機敏な動作で探していたことを
思い出していました。


ボールを探すのも遊びの一環です。


でも、最初っから大人が見つけてくれると思っているのか、
なくなったら、なくなったでしょうがないと思っているのか、
ボール探しに情熱が感じられないのです。


きっとこういう態度でしか大切なボールを探せないのは、
今の時代、その息子さんだけではないのでしょう。


でも楽しい遊びの時間、そしてその道具をもっと大切にして欲しいと思いました。


もし、フルメンバーいれば、ボール一つで1チーム9人、
両チームで18人が楽しめるのです。


自分が楽しいことをするための道具を大切にできない、
どこかへ飛び込めばすぐに諦めたような態度をとる子供が増えていけば、
ものを大切にする世の中なんて実現しませんよね!


資源問題などの大きな事を言うつもりはありませんが、
せめて子供が昔のように、自分たちの遊ぶ道具がなくなりそうになったら、
もう少し、必死で探すような姿勢を教えてあげられないものでしょうか?

posted by ソウリュウ at 00:15| 大阪 ☀| Comment(47) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。