2005年05月11日

宗教について

私は特に信仰をもっていないですし、元妻の実家はクリスチャンでしたが、子供達には宗教の話しをとりたててした覚えはありません。ただ、子供達が話して解る年齢になってからは、オウム真理教の事件や、PLOとイスラエルがテロを起こした時などに少し話しをしました。宗教についてどれくらい理解してくれたかは判りませんが、とにかく何ごとをやるにも自分でちゃんと善悪を判断する、判断できなくても考えてみる事を教えました。私は宗教自体は否定するつもりもありませんが、妄信的になってしまうのは、宗教に限らず良くないと思っているからです。

日本のように無信仰な人の多い国は世界でもかなり特殊ですが、他国の場合で言うと宗教のシェアは言語と比例していますよね。当然なことだと思います。言語が産まれたときから馴染んでいて、自然に話せるようになるのと同じように、宗教も産まれた時から身近にあれば何の疑問も持たずに馴染んでいくでしょう。蛇足ですが、国際結婚で父親と母親が別の言語を話す家庭に生まれた子供はしゃべり始めるのが遅いと聞いたことがあります。きっと小さな脳で環境を判断するのに、時間がかかるのでしょうね。子供の頃から環境によって身に付いた宗教と、日本のようにある程度の年齢になってから心のよりどころとして入信したり、勧誘されて入信する宗教とでは根本的に違いがあるように思います。

よく文明の発達していない地域の原住民と呼ばれるような人たちは、身内や同じ村の人が亡くなると、みんなで涙を流して定められた神聖とされる場所へ亡骸を葬りますね。また、狩りに出かけるときには獲物が獲れることを祈り、獲れたらまた感謝の祈り、全て自然信仰ですから、相手は山であったり太陽であったりするわけです。

個人的にはそれでいいと思っています。日本でも「いただきます」や「ごちそうさまでした(岐阜県などでは、いただきました、かな?)」という言葉がありますね。あれは誰に対して言っている言葉だと思いますか?お母さんなどのご飯を作ってくれた人?お米を作っている農家の人?それとも天の恵みを与えてくれた自然?神様?それとも全てのものに感謝の気持ちを忘れるなという自分への戒め?
多分、実際にはそれほど深い考えをもって口にしている言葉ではないと思いますが、こういう身に付いた言葉の習慣があればいいのではないでしょうか?そして家庭で子供さんとこんな言葉の意味を話し合ってみることもいいのではないでしょうか?もしみなさんの子供さんが、それさえ言葉にしないなら少し問題だと思います。

長くなりそうなのでこの記事は二回に分けようかとも思ったのですが続けます。
子育てに関連することはここまでですので、残りは追記に書きます。
興味のある方には読んでいただければ幸いです。




人気blogランキング続きを読む
posted by ソウリュウ at 10:56| 大阪 | Comment(7) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。