2005年03月15日

子育てブログを色々読んで

今日は多くの方の子育てに関するブログを読んでいました。
悪戦苦闘しながらも子育てに励んでおられる方の記事を読むと微笑ましく思いました。私が思うに、夫婦生活(セックスを指すものではありません)と子育ては大まかに言って4期に分かれるのではないかと思っています。子供が乳幼児の頃の「手探り期」、子供が幼稚園や小学校に行き始める「対話期」、中学以上になってくると「親離れ、子離れ期」、そして自立して働き始める「独立期」。
これは子供の成長を言っているだけではなくて、それぞれの時期に親も変わって行かなければいけないし、夫婦間でも子育てに限らず自分たちのための意志の疎通が必要だということです。

私はその意志の疎通が出来なくて離婚しているから偉そうには言えないのですが・・・。
でも、具体的に書いてはいませんが反面教師の提言だと思って聞いて欲しいと思います。

本当はその後に夫婦(両親)は夫婦なりの人生を生き、子供は子供なりの人生を生きていくのでしょうが、私の場合はその「独立期」に離婚があり、今は一人暮らしでこの先の人生を模索しているところです。でも、一つハッキリ言えるのは、子育ては人生で一番楽しくてやり甲斐のある仕事なはずです。

ぜひ、時間を精一杯使って子育てを楽しんで下さい。
もっと具体的に様々な話しを掲載していきたいのですが、ページの性質上あまり重たい文章は今のところ控えたいと思います。

とにかく、子育ては子供と一緒に楽しむ事!


人気blogランキング

posted by ソウリュウ at 15:49| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の疾患

うちの子供三人も全員入院経験があります。長女は三歳の頃、骨髄炎と診断されて点滴の抗生剤治療で三ヶ月入院しました。足が痛いと訴えだして、一応何件かの総合病院で診察を受けたのですが原因が分からず、大学病院に行ってやっと病名が判明しました。検査の後、先生に病状説明を受けるときは悪いことばかりを考えてしまい、かなり緊張したのを良く覚えています。次女は先天的に上唇と上顎の間に膜状の物があったため、四歳の頃に切除手術で入院、またヘルニア(脱腸)でも入院手術、ともに麻酔から覚めて親の顔を見て泣き出したときは、私も涙が出そうになりました。そして長男は肺炎で入院。子供が入院中は、私も子供が好きな物を買って、せっせと病院に通いました。パジャマを着てベッドに座っている子供を見ると胸が熱くなりましたね。

ところで、最近ではアトピーや花粉症に苦しんでおられる方がかなり多いようですが、これをみなさんはどのようにお考えでしょうか?花粉症については、数十年前に日本で杉を大量に植林した時期があり、それが今育って花粉の飛散が大量になっているのが原因だという話しを聞いたことがあります。しかし、アトピーはどうでしょう?少なくとも私が子供の頃には、見たことも聞いたこともない疾患です。つまり我々の世代が育つ環境にはなくて、その後著しく増加した因子があるのでしょうね。それは食べ物なのか、空気中の物質なのか、水なのでしょうか?
私には詳しいことは解りませんが、これからの地球に生きる全ての生物のためにも、これ以上環境を破壊しないことを真剣に考えないと大変なことになることは火を見るより明らかでしょう。
個人で出来ることは小さな一歩ですが、ゴミを減らすとか、ポイ捨てをしないとか何か一つ今日から意識して始めてみませんか。


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 10:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。