2005年03月09日

トラウマ

私は子供の頃にかなり痛い目にあって以来、歯医者が怖くて仕方がありませんでした。この世で一番怖いものは?と聞かれたら、ためらいなく歯医者と答えるほど・・・。それが祟って、歯周病が進行し上の前歯がグラついてとうとう今日は抜く羽目に・・・。

麻酔が効きにくい体質なのか、イヤと言うほど麻酔を打たれなんとか無事抜歯が済みました。足は突っ張り肩には力が入り、本当に自分では精一杯の勇気を振り絞って耐えた後は、妙に晴れやかな気分になりました!まだ治療は続くけど、これも前向きに考えて最後まで頑張ろうと決意を新たにしました(大袈裟に聞こえるかも知れませんが、本人は大真面目)。

ちなみに私は少し血圧が高めなのですが、歯医者さんに聞くと、脈拍×最高血圧=15000を越えると、麻酔をかけての抜歯は出来ないそうです。

抜歯も怖かったけど、抜歯後に入れる仮歯(保健適用外)の30000円は痛かったなぁ・・・。
みなさん、歯の治療は早めがいいですよ(^_^;)


人気blogランキング
posted by ソウリュウ at 18:48| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒ると叱るの違い

子供をヒステリックに怒鳴りつけたり叩いたりしている親(特にお母さん)を

見かけた事はみなさんもあるのではないでしょうか?

子供が泣きやまないから殺したなんていう悲しい事件もニュースで目にしますよね。

怒るというのは、感情にまかせて怒りをぶつけることだと私は解釈しています。

そして、叱るというのは、正しい方向に軌道修正するために指導する事だと考えています。

では正しい方向とは何でしょうか?最近、電車に乗っているときに

小さい子供を連れた親の言動を見て悲しくなる事があります。

それは、子供が窓の外を見たくて座席に膝立ちになっているのですが、

靴を履かせたままなのです。

これだけでも公衆道徳を知らない親だし、

その親に育てられた子供が親になったら・・・。

これらは日常茶飯事と言ってもいいくらいに最近では見かける光景になってしまいました。

時々目に余るときはそんな親子を睨み付けてやるのですが、

視線に気付いた親の言葉に、開いた口が塞がらない思いをしたことがありました。

「靴を脱いで外を見ないと、オッちゃんに怒られるよ」

怒られるからしてはいけないなどという判断基準を持った人間が親なのです。

情けないとは思いませんか?それではまるで、スピード違反でも、

窃盗でも見つからなければやってもいいのよ!って言うのと同じです。


人気blogランキング続きを読む
posted by ソウリュウ at 16:35| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。